あがり症克服 新・自己催眠療法によるあがり症克服プログラム

緊張を、頭で考えて解消しようとしても無駄

心理学者 C.G.ユング氏は、「意識」と「無意識」を氷山に例えて説明し、「意識」は海上に見えるわずかな部分にすぎず、海面下には「無意識」という巨大な領域が潜んでいる。

そして、この無意識こそが人の考えや行動などに大きな影響を与えているという。

大多数の方が、頭(意識)で考えて緊張をなくそうとしています。

例えば、

・普段通りにやろうと自分に言い聞かせたり、
・落ち着こう、落ち着こうと思ったり、
・震えないようにしようと考えたり・・・

これらを意識して、緊張はなくなりますか?

緊張はなくなりません。

なぜ緊張はなくならないのか?

それは、緊張というものは、無意識の条件反射のようなもので、
条件(人前に出る、大勢の中に入るなど)がそろえば、反射的に緊張するようになってしまっているからです。

つまり、頭ではなく、もっと深い部分、滞在意識(=無意識)を改善しないと、解決できないのです。

これをわかっていなくて、意識的に解決しようとするから、いつまで経っても改善されないのです。

悪循環がさらにあがり症を深刻にする

緊張していると周りに知れるのが辛い

緊張したらどうしよう(不安がつのって)

緊張してしまう

そして、緊張が皆に伝わり、頭が真っ白になってしまう。

後で、緊張してしまったことを1人で何度も思い返して胸が苦しくなる。

さらに緊張していると周りに知られるのが恐くなる。

コメントは受け付けていません。